人と人の間は心の距離感

突然ですが【凪のお暇】観てます??

あれ、一見三角関係の恋愛ドラマですが
人と人との『間』のお話なんですよね。

空気清浄機売ってる会社に勤めてたけど
『空気を読む』ことが止められない。
なのに実は空気読めてなくて……。
人との間って、心の距離感のこと。

そんな、心の距離感がなんかおかしい、
空気読むのが下手くそな人たちの人間模様が
あるある!てなって面白い。

全く同じな人はいないかもしれないけど
あー、こんな人いるいる!と思えるような
脇を固める登場人物のバラエティさ。

そして、みんながみんな
新しい出会いの中で成長していく様子が
これまたたまらんのです。
親子、友人、職場、恋愛……
さまざまなシーンで、
自分はどんな思い込みや決めつけを持って
人と接しているだろう。
『どうせあの人は、あんな人なんだ…
私さえ我慢してれば上手くいくはず…』

そう思い込んでしまったのは
自分の中の優しさなのかもしれないけれど

『だってあの人可哀想なんだもの』
という想いは本当の優しさなのかな…

なんとなく感じてしまう違和感を
まードラマだしね、とスルーするのか
自分ごととして考えてみるか。

どう受け止めても自由なのが
映画やドラマの良いところですよね〜。
ちなみに私的には、
メンヘラ女製造機だったダメンズ
中村倫也演じるゴンの変化がたまらんです。
女たらしで誰にでも合鍵渡すような人が
手を握るのすら恥ずかしいだとか、
まるで小学生男子みたいになっちゃって( ̄∇ ̄)
そんなに変わるか!?とツッコミたくなるけど
なんかわかる〜!んです(笑)

人は人の気持ちを考えてるようで
案外自分のことばかり考えてる生き物。

そんな事をついつい深く考え込んでしまう
凪のお暇は次回最終回らしい。
終わると寂しくなるけど
どんな展開になるかワクワク…♡

大切な人を大切にできる人って
どんなことを大切にしてるのでしょうね。

Coaching salon  S.Witch

「ガラスのハートが意志になる」 コーチングサロン スイッチ パーソナルコーチ Ruriko Shirasawa official HP

0コメント

  • 1000 / 1000