想いを形にする作業

今回のS.Witch(スイッチ)のロゴ作成から
ホームページリューアルについて振り返ってみます。

以前のデザインも自分で作成し、出来たときはやった!と思ったものの、今ひとつしっくりこなかったのが正直なところ。


やるぞ!という気持ちはあれど、自分のなりたい未来、ありたい姿とは少し違うという違和感があったのだけど、それが何なのか…具体的にどうしていけばいいか…が見つからずにいました。


それが今回、ロゴをデザインする、という自分のためのミッションをスタートさせたことでクリアになっていった経過を書いてみようと思います。
6月某日。
プロフィール写真を新しくしたい!と思いつき、女性創業セミナーの同期に連絡を取りました。


そして、ふと以前イベント用に一夜漬けで作ったチラシを見てもらったところ、チラシや名刺のデザイナーでもある同期からデザインの視点からたくさんフィードバックをもらうことになり、それがリニューアルへの第一歩となったのです。



これまでも、チラシや名刺など自作していたものの、全て感覚だけでやっていて、いかに視点が少なかったか?を思い知る機会になりました。


ただ、私が目指しているコーチ像はコーチを目指した時から変わりがありません。
それをいかに視覚的に表現するか?この一点に絞って、プロフィール写真撮影は延期に(笑)


そして、チラシは同期に新しく作ってもらおうと思っていたのに、ロゴのデザインや全体のイメージのフィードバックに基づいてやり直しを始めると、いつのまにか自分でリニューアルしていました(笑)
とはいえ、リニューアルに向け同期にはその都度フィードバックしてもらい、またコーチ仲間や別のコーチたちも総動員して、自分と向き合う、想いを形にする、に集中させていただきました。
デザインって、コーチングに似ているし
デザインって、マーケティングだしマネジメントだなぁと目からウロコがぼろぼろ落ちた気がします。



モノを作る、形にするってなんて奥が深いんだろう…。



なにせ、既存のものを改善するのではなく、頭の中にあるものをゼロイチで生み出すってすごいエネルギー!

いろんな方の力を借りつつも、セルフコーチングをしながら形にしていく作業は、自分の想いや本音と向き合う自分とのガチンコ勝負のようでした。
その中で、コーチングの力もさらに感じる事が出来たので次回は、デザイン✖️コーチングについて書いてみようと思います!

Coaching salon  S.Witch

「ガラスのハートが意志になる」 コーチングサロン スイッチ パーソナルコーチ Ruriko Shirasawa official HP

0コメント

  • 1000 / 1000